カスタム検索
AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフコース Jポップの王道を開くバンド

オフコース。
いわずと知れた 小田和正氏の在籍したポップバンド。

「美しいメロディー、美しいサウンド、美しい歌声、美しい歌詞」
僕の認識では、日本人の奏でるポップスの象徴的なバンドだと思っています。
当時 人気も実力もあり チャラさもなくひたすら美しくまとまった力強いバンド
それがオフコースだったのです。

僕もR&Rに目覚めるまでは 一番好きなバンドといっていいぐらいの存在でしたからね。

今でもカラオケ行くと「流れを変える歌」として「YES NO」を歌います 笑
もっとも若い連中の中には「誰の歌?」って感じのやつも増えてきました
それがちょっとせつないな。

今回はその「YES NO」と
もう一曲、オフコースの中で一番やさしい、そして普遍的な歌だと思う
「生まれ来る子供たちのために」を取り上げてみました。




小田和正バージョンですが 雰囲気はこんな感じだと思います。

テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

ここにあなたに幸せな情報があるかも

こちらもお願い!人気音楽BLOG

コメントの投稿

非公開コメント

 「春風叶夢」と申します
兄貴の聞いてた70'sフォークに 始まり、ニューミュージックを BGMに高校受験。
16歳の冬、R&Rの稲妻を魂に浴び、 以来、「生きる教科書」は
R&RとPOPSと信じて歩みました。 26歳で「遅咲き」のアマチュアデビュー でしたがソロ・ユニット・バンド と、それなり?に走りぬけること ができ、今ではしがない会社員に 落ち着いた、どこにでもいるよな 男です。
Good Songs !
「生きること」を教えてくれたんだ!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
Let's Enjoy Music
最新トラックバック
相互リンク!こちらも観てね!
amazon
Pop'n Roll
この人たちに「感謝」!
パワーと浪漫のヒーロー&ヒロインたち
QRコード
QRコード
LINK LINK LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。